リオデジャネイロ五輪の日本代表選手団は24日、都内で帰国会見に臨んだ。

 日本競歩界初のメダルに輝いた男子50キロ銅メダリストの荒井広宙(28=自衛隊)は、3着争いの際に接触があったダンフィー(カナダ)との裏話を披露した。

 荒井 失格と言われてどうしてかなと思ってたんですが、ドーピングルームでそのダンフィーと一緒になって。すぐにダンフィーが来て『ごめんね』と謝ってくれて。ダンフィーは怒ってなくて、(カナダの)上の人が暴走してて…。『僕にはもうどうすることもできない。僕にはコントロールできないんだ。ごめんなさい』と言われてハグしました。

 当時の細かい状況を説明した後は「素晴らしい選手と勝負できました。東京ではぶつからずに、正々堂々と勝負したいです」と、実直な性格の荒井は再戦を目指し、その言葉に場内は拍手に包まれた。

 荒井はカナダ側の異議でいったん失格となったが、日本側の抗議が認められて銅メダルが確定していた。