コラム・特集

マンガ×アスリート 〜私はこれを読んで強くなった〜

日本の文化として世界に認められている「マンガ」。五輪のメダリスト、五輪を目指すトップアスリートたちが愛読してきた1冊とは何か。意外な人から意外なマンガが次々と出てきます。

 飛び込みで2度の五輪出場を果たした中川真依さん(29)が愛読していたのは、スポーツ系ではなく恋愛マンガ。「ママレードボーイ」と「恋愛カタログ」を挙げた。それはあまりにつらい練習から逃避するためだったという。[]

 体操元世界選手権代表の植松鉱治氏(29)が挙げたのは「ガンバ! Fly high」だ。金メダリスト森末慎二氏の原作で、細部の描写にこだわった、珍しい本格的体操マンガだった。リオ五輪で個人総合2連覇を狙う内村航平(27)も愛読していて、現在の体操界ではバイブルと言える作品だ。[]

五輪のソフトボールで、投手として史上最多の通算8勝を挙げた高山樹里さん(39)は、実は柔道も2段の腕前だ。好きなマンガとして挙げたのも、柔道を題材とするもの。現在もスケルトンを続ける現役アスリートは、「戦う男」がお気に入りだ。[]

Sponsored

コラム・特集

日刊スポーツ・インスタグラム

@nikkansports # 
写真をもっと見る
  • 日本時間 --/-- --:--
  • ブラジル時間 --/-- --:--

日本の獲得メダル数

  1. 12
  2. 8
  3. 21
  • メダル詳細 with 金メダルサンバ隊
東京五輪2020

五輪ニュースランキング

日刊ツイッター速報