リオ五輪競泳男子800メートルリレー金メダルのライアン・ロクテ(32)ら米国選手4人が強盗に襲われたとされる事件で、英紙デーリー・メール電子版は17日までに、事件直後の4人が悪ふざけする様子が写った映像を入手、被害申告に疑問を示す記事を載せた。さらに事件直後の4人が選手村の手荷物検査で財布を手にする画像も掲載。「財布を盗まれた」とする4人の申告と食い違いがある。ロクテは17日、真実を話したと主張した。

 4人は14日早朝、リオ南部で前夜からのパーティーに参加した後、タクシーで選手村に戻る途中で銃を持った警官を名乗る一団に襲われたと主張していた。車から降ろされて現金700レアル (約2万3000円)を奪われたが、携帯電話は取られなかったと話している。

 デーリー・メール紙が入手した防犯ビデオ映像では、14日午前7時前に選手村入り口で、4人が悪ふざけをしてご機嫌な様子が写っていた。警察の捜査でも4人を乗せたとされるタクシー運転手が見つかっておらず、事件後にどうやって選手村に戻ったかなど不明な点が多い。

 さらに同紙は、選手村の手荷物検査場を写した画像も掲載。4人が財布や携帯電話とみられるものを手に持ちながら、検査を受ける様子を報じた。「財布を奪われた」とする4人の主張と食い違っている。五輪開催地の劣悪な治安を象徴する事件として注目されただけに、強盗被害が虚偽であれば、選手側のモラルが問われることになる。

 ブラジルメディアによると、地元裁判所は17日、被害を訴えた米国代表のロクテとジェームズ・フィーゲンの出国を、虚偽申告の可能性もあるとして禁じたが、ロクテは既に帰国。フィーゲンと残り2人は17日午後、リオデジャネイロの国際空港から出国しようとしたが、警察が認めなかった。虚偽申告で有罪になれば、ブラジルの法律では3年以下の禁錮刑が科される。

 ロクテは17日に米NBCテレビの電話取材に応じ、虚偽申告の疑いについて「あのような被害を作り話で話せるわけがない。他の3人も同じだ」と語り、真実を話したと主張した。

 ◆ライアン・ロクテ 1984年8月3日、米ニューヨーク州ロチェスター生まれ。04年のアテネ五輪で米代表デビューを果たすと、リオまでの4大会連続で出場を果たし、金6、銀3、銅3の、計12個のメダルを獲得。一方で競泳界屈指のイケメンとして知られ、ファッション誌「VOGUE」米国版の表紙を飾り、史上4人目の男性カバーモデルとなった。

 ◆被害申告VTR 米国4選手はフランス代表の施設で開かれたパーティーの後、選手村に戻る途中、14日早朝に警官を名乗る男たちにタクシーを止められ、強盗に遭ったという。ロクテは「彼らは銃を出して『地面に伏せろ』と言った」と主張。3選手は地面に伏せたが、ロクテは「何も悪いことをしていない」と拒否。頭に銃を突き付けられ「伏せろ」と言われ、両手を上げたという。財布を奪われたが、携帯電話と身分証明書は残ったとした。