吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)は5位に終わり、惜しくもメダル獲得はならなかった。

 ◆吉田愛 「風の変化があり、チャンスもあった。最後はいい風をつかむことができず、順位を落とした。ヨットは好きなので続けたい。(東京五輪は)いい形で活動できると確信したら、目指したい」。

 ◆吉岡美帆 「自分たちのレースができればと思った。ベストは尽くしたので、悔いはない。メダルを狙える位置にはいたけど、実力はこれぐらい」。