五十嵐千尋 (21=日体大)、持田早智(17=ルネサンス幕張)、青木智美(21=アリーナつきみ野SC)、池江璃花子(16=ルネサンス亀戸)の日本が7分56秒76で8位に終わった。米国が7分43秒03で金メダルを獲得した。

 五十嵐、池江、青木、持田の順で臨んで全体7位だった予選から順番を変更したが、タイムも順位も落とした。

 五十嵐 日本記録を更新できなかった。800メートルリレーの課題だと思う。

 持田 予選は緊張したが、決勝はリラックスできたのですが…。4年後東京でメダルを狙いたい。

 青木 日本新記録を目指したが、予選で力を出し切って体が思うようにいかなかった。この経験は4年後につながる。

 池江 4人で日本新を狙っていたが…。来年にお預けです。

 ◆五十嵐千尋(いがらし・ちひろ)1995年(平7)5月24日、神奈川県生まれ。日大藤沢-日体大。13、15年世界選手権代表。前回のロンドン五輪はギリギリ落選も、4月の日本選手権200メートル自由形で池江に次ぐ2位で代表権。今五輪は、同種目予選全体17位で惜しくも準決勝には進めなかった。170センチ、63キロ。

 ◆持田早智(もちだ・さち)1999年(平11)7月19日、奈良県生まれ。千葉商大付。13、14年全中100、200メートル自由形で優勝、15年世選手権代表。中学から1学年下の池江とライバル。昨年の世界選手権ではともに800メートルリレーの五輪出場権獲得に貢献。166センチ、57キロ。

 ◆青木智美(あおき・ともみ)1994年(平6)10月25日、神奈川県生まれ。神奈川総合-法大。15年世界選手権800メートルリレー7位。日本選手権200メートル自由形4位で代表権。800メートルリレーメンバーの最年長。美女スイマーで綾瀬はるか似と評判。164センチ、55キロ。

 ◆池江璃花子(いけえ・りかこ)2000年(平12)7月4日、東京都生まれ。兄と姉の影響で3歳10カ月から水泳を始める。西小岩小-小岩四中-淑徳巣鴨高。昨夏の世界選手権は、中学生として14年ぶりに代表入り。50、100メートル自由形、50、100メートルバタフライの日本記録保持者。五輪史上最多7種目に出場。今五輪は、これまで400メートルリレー8位、100メートルバタフライ6位、200メートル自由形予選敗退、100メートル自由形は準決勝敗退。170センチ、56キロ。