コンテンツエリア



メインコンテンツ

コラム

RSS
フットボール金融論

フットボール金融論~レアル・マドリードMBA卒・酒井浩之~

◆酒井浩之(さかい・ひろゆき) 1979年8月24日、愛知県生まれ。幼少時よりサッカーに打ち込み、大学卒業後は広告代理店やスポーツメーカーに勤務。2015年3月にレアル・マドリード大学院スポーツマネジメントMBAコースに日本人として初めて合格。卒業後、レアル・マドリードへ同コースから唯一選出され入社。17年6月退社。現在はスペインと日本を行き来しながらスポーツビジネスのコンサルティングなどを手掛けている。

新着コラム

パリサンジェルマンFWネイマール(AP)

これまでファイナンシャルフェアプレー(以下FFP)の導入が及ぼしている影響についてお話しさせて頂きました。その中で現在業界のニュースを騒がせているパリサンジェルマン(PSG)。UEFAに…[]

チェルシーのオーナー、アブラモビッチ氏(ロイター)

前回はファイナンシャルフェアプレー※(以下FFP)の導入が及ぼしている影響についてお話しさせて頂きました。実際のところパリサンジェルマンやマンチェスターCが裏で便宜を図っていたのではない…[]

ミシェル・プラティニ氏

前回は、まん延していたクラブの赤字体質に対してどのようにメスを入れたのかをお話しさせていただきました。今回はクラブの財政面に関することを深掘りしてみたいと思います。鍵となるのはフランスの…[]





サッカー

磐田U18残留決めた 背中押した“兄貴分”の戦い
磐田U18残留決めた 背中押した“兄貴分”の戦い [記事へ]





右カラム