おはようございます。そろそろ初夏の気配が漂ってきましたね。ゴルフ、楽しんでいますか? 火曜日の朝活「せれにゃん塾」の時間です。塾長の青木瀬令奈です。今回のテーマは「パッティング2~構え方~」です。私たちプロでも、最も個性が出るのがパッティング。その構えの基本を覚えて、安定したストロークを身に付けてください。



グリーン上でラインを読んだら、何に気を付けて構えていますか? さまざまな考え方がありますが、まずは基本を身に付けましょう。よく言われるのが、球は左目の下、というものです。グリーンに球を置いて構えてアドレスしたら、もうひとつの球を左目のすぐ下に持っていき、落としてみる。きちんと当たればOK、というアレです。

でも、私はアレが正しいとは思っていません。ラインに対して入りそうなアドレスをすること、それが正解だと考えています。

それってどういうことなの? という声が聞こえてきそうですね。それを説明する前に、俗にプロライン、アマラインと言われるものを説明しましょう。カップの入り口を広く使えるのがプロライン。入らなかったとしても、カップを通り過ぎてからスライスラインなら右、フックラインなら左に切れていくラインです。これなら、ボールが転がるどこかのポイントで、カップインするチャンスがあります。

アマラインと言われるのは、カップの手前で切れてしまうもの。これでは、カップに届かず、決して入ることはありません。だから、みなさんはプロラインに対して、入りそうなアドレスをすることを意識してください。

ラインの読み方については、後日またお話ししますが、まずは右に切れるか、左に切れるかを考えます。これが間違っているのではお話になりませんね。その上で、狙い目を決める。肩、腰、膝をこのポイントに対してスクエアに立つのが大前提。ヘッドは体の真ん中より気持ち左に構えます。

これが基本です。さらにラインによって、フックならもう少しボールの位置を右、スライスなら左に微調整します。



もうひとつ、体重配分でもさらに微妙な調整ができます。右に切れるスライスラインなら、やや右体重、左に切れるフックラインならやや左体重を意識します。

プロライン、アマラインをまずはよく理解して、図をよく見て上手に微調整してみてください。

カップの入り口は1つだけではありません。点でカップインすることを考えるのではなく、線で考えれば確率は上がります。それができるのがプロラインというわけです。

アマラインでパッティングしていては、いつまでたっても、スコアはよくなりません。プロラインを覚えて、そこに向かって入るアドレスをすること。これがパッティング上手になるコツです。

◆青木瀬令奈(あおき・せれな)1993年(平5)2月8日生まれ、群馬県前橋市出身。実家は音楽教室で、瀬令奈は「セレナーデ(小夜曲)」から名付けられた。身長153センチ。ゴルフ好きの父について7歳でクラブを握る。小柄ながら小技が抜群で、2006年日刊アマ全日本女子に史上最年少の13歳で優勝。数々の実績をアマチュア時代に残す。11年プロ転向。17年ヨネックスレディースで初優勝。18年賞金ランキング31位。三和シヤッター工業所属。


 ◆取材構成=遠藤淳子(清流舎)

 ◆撮影=横山健太

 ◆取材協力=飯能グリーンCC(埼玉・飯能市)