コンテンツエリア



メインコンテンツ

大相撲

夏の絵日記2017

8月8日 魁聖「ブラジル時代からドラゴンボール」

魁聖

 ブラジルに住んでいた子どものころからドラゴンボールのアニメが大好きだった魁聖関が、すらすらと描いたのは孫悟空。その主人公に、自らの心が投影されていました。手には大好物のコーラと「肉食べた~い」の言葉とともに、肉にかぶりつく姿。「巡業だと、なかなか温かいお肉が食べられないから…」と、おなかをすかして訴えました。

 最近ハマっているのが、立ち食いスタイルで有名な「いきなり! ステーキ」に行くことだそうです。「部屋の近くのお店は、少ないけど座れる場所があるんです。あそこはお肉を炭で焼く。炭の味が肉につくのが最高。神です。シュラスコと同じなんです」。ブラジルの肉料理をほうふつとさせると絶賛です。

 1度に食べる量は500~600グラム。もちろん「おなかがすいていたら、もうちょっと食べる」。好物は高級牛ではなくて赤身の肉です。「ブラジルではもともと、脂がない肉を食べていたから」。そこで食べ放題なら「すてき!」と目を輝かせていました。




相撲・格闘技

照ノ富士-阿武咲、御嶽海…/初場所10日目写真特集
照ノ富士-阿武咲、御嶽海…/初場所10日目写真特集 [記事へ]





右カラム