女優木下彩音(21)が、公開中の映画「Bittersand」(杉岡知哉監督)で、ヒロイン・石川絵莉子役を演じているほか、日本テレビ系「THE突破ファイル」(木曜午後7時)内の「突破交番」では、美希巡査役としても活躍中だ。このほど、日刊スポーツなどの取材に応じた。【大友陽平】

浴衣姿でシャボン玉を作る木下彩音(撮影・中島郁夫)
浴衣姿でシャボン玉を作る木下彩音(撮影・中島郁夫)

15年の「第40回ホリプロスカウトキャラバン」グランプリが、活躍の幅を広げている。公開中の青春ミステリー作の「Bittersand」では、学生時代の忌まわしいある事件にとらわれるヒロイン役を好演。「突破交番」では、人気芸人たち演じる警官に囲まれながら奮闘する美希巡査としておなじみだ。

「丸1日かけて撮りきったりするので、ハードではあります。でも芸人さんと一緒なので、空き時間もおもしろいんです。出演してからは、小さい子どもからお手紙をいただくようになりました。『お嫁さんになってください』ってくるんです(笑い)」

浴衣姿でシャボン玉を作る木下彩音(撮影・中島郁夫)
浴衣姿でシャボン玉を作る木下彩音(撮影・中島郁夫)

現在、都内の私大でメディアや映像について学ぶ大学4年生。もっぱらの心配事は、仕事と両立しながらのリポートや卒業制作だという。

「大変です…。不安もあるんですけど、コツコツ頑張りたいと思います。授業では映像の編集をやったり、照明をやったりしているので、より撮影現場でもスタッフさんのありがたみを感じています」

好奇心が旺盛だ。趣味は「御朱印集め」。始めてからすでに御朱印帳は3冊を超えて、100カ所以上巡っているという。

「今はコロナでなかなか全国に行けないのですが、収束したら全都道府県に行きたいんです。御朱印は、デザインもいろいろあっておもしろいんですよ!」

願いを書いた短冊を手に浴衣姿を披露した木下彩音(撮影・中島郁夫)
願いを書いた短冊を手に浴衣姿を披露した木下彩音(撮影・中島郁夫)

21歳になったが、恋愛にも興味があるという。

「そろそろ21歳なので、そういう経験をしたいです。演技にも生かせるといいますし、結婚願望もあります。優しい人がいいですね。さりげない優しさというか、余裕がある人がいいな…。(七夕が近く)ひこ星探してます。浴衣を着て、お祭りとか花火大会に行ったり、少女漫画みたいなことをしたいです!」

もちろん、女優としてさらなる飛躍を誓う。

「憧れは戸田恵梨香さん。この人といったらこの役! というのはもちろんですが、いろいろな役に入り込めたり、役として見られて、そこから名前を覚えてもらえる…。そんな女優さんになりたいです!」

◆木下彩音(きのした・あやね)2000年(平12)2月21日、京都府生まれ。15年の「第40回ホリプロスカウトキャラバン」でグランプリを獲得し芸能界入り。今年、映画「ブレイブ-群青戦記-」などに出演。現在、日本テレビ系「THE突破ファイル」ほか、フジテレビ系「めざましテレビ」でイマドキガールなど出演中。趣味は御朱印集め。19年に中国で公開の映画「我只在乎■」出演をきっかけに、中国語も勉強中。156センチ。血液型A。

※■は人ベンに欠の人が小

美しい浴衣姿を披露した木下彩音(撮影・中島郁夫)
美しい浴衣姿を披露した木下彩音(撮影・中島郁夫)