コンテンツエリア



メインコンテンツ

特集一覧

野球

夏の甲子園2021

夏の甲子園2021

2年ぶりの夏の甲子園決勝は「智弁対決」。智弁和歌山が智弁学園(奈良)下し21年ぶり3度目の全国制覇を果たした。

夏の地方大会2021

夏の地方大会2021

センバツ準優勝の明豊(大分)など13校が春夏連続出場を決めた。一方でセンバツ優勝の東海大相模は新型コロナで出場辞退、同4強の中京大中京(愛知)は準決勝で敗れるなど波乱も多かった。

第93回選抜高等学校野球大会

第93回選抜高等学校野球大会

東海大相模(神奈川)が明豊(大分)をサヨナラで破り、10年ぶり3度目の春の頂点に立った。

春季高校野球2021

春季高校野球2021

近畿大会は大阪桐蔭が智弁学園(奈良)に延長10回裏、藤原夏暉内野手のサヨナラ2ランで優勝を決めた。

サッカー

ユーロ2020(欧州選手権)

ユーロ2020(欧州選手権)

イタリア代表が53年ぶりの優勝を果たした。決勝は延長戦でも決着がつかずPK戦に突入。GKドンナルンマの好セーブで勝利をつかみとった。

第99回全国高校サッカー選手権

第99回全国高校サッカー選手権

山梨学院が青森山田に、2-2で突入したPK戦を4-2で制し、11年ぶり2度目の頂点に立った。

スポーツ

箱根駅伝2021

箱根駅伝2021

駒大が、10時間56分4秒で13年ぶり7度目の総合優勝を果たした。

ニューイヤー駅伝2021

ニューイヤー駅伝2021

昨年予選落ちした富士通が12年ぶり3度目の優勝を果たした。

春高バレー2021

春高バレー2021

男子は東福岡が5大会ぶり3度目、女子は就実(岡山)が25大会ぶり3度目の頂点に立った。

第100回全国高校ラグビーフットボール大会

第100回全国高校ラグビーフットボール大会

桐蔭学園(神奈川)が京都成章(京都)を32-15で下し、史上9校目となる連覇を達成した。

相撲・格闘技

第10回大相撲総選挙

第10回大相撲総選挙

第10回大相撲総選挙は、大関貴景勝(24=常盤山)が2連覇を果たした。

芸能

日刊スポーツ映画賞

日刊スポーツ映画賞

毎年12月に9部門を発表。令和初の日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞のに輝くのは…。

アーカイブズ2020年

ドラフト会議2020

ドラフト会議2020

秋のドラフト会議で指名が予想される選手たちを紹介。

都市対抗野球2020

都市対抗野球2020

ホンダ(狭山市)が広島・長野久義外野手を擁した09年以来の頂点にたった。

プロ野球日本シリーズ

プロ野球日本シリーズ

ソフトバンクが巨人を2年連続の4連勝で下し、パ・リーグ史上初の4連覇を決めた。

プロ野球クライマックスシリーズ

プロ野球クライマックスシリーズ

ソフトバンクが無傷の3連勝で2位ロッテを下した。

2020年秋季高校野球

2020年秋季高校野球

長崎県西海市の人口約5000人の小さな島にある県立高校の大崎が、春夏通じ甲子園7度出場の強豪私学、福岡大大濠を5-1で下し、初の九州王者に輝いた。

夏の地方大会2020

夏の地方大会2020

新型コロナウイルス感染拡大の中、各地区で知恵を絞り独自大会を完走。東京では帝京対東海大菅生の東西決戦が開催された。

甲子園交流試合

甲子園交流試合

センバツ出場予定の32校を招待して行われた甲子園交流試合。大阪桐蔭と東海大相模の東西横綱決戦は大阪桐蔭が制した。

U23アジア選手権

U23アジア選手権

森保一監督率いる五輪代表は1次リーグ1分け2敗のB組最下位で、大会を終えた。

第98回全国高校サッカー選手権

第98回全国高校サッカー選手権

静岡学園が連覇を狙った青森山田を3-2で撃破。四半世紀の悲願をかなえ「単独」日本一になった。

ウインターカップ2020

ウインターカップ2020

男子決勝は仙台大明成(宮城)が“八村2世”山崎一渉の決勝ゴールで東山(京都)を下した。

実業団女子駅伝2020

実業団女子駅伝2020

JP日本郵政グループが大会新記録をマークし、2年連続3度目の優勝を飾った。

春高バレー2020

春高バレー2020

女子は東九州龍谷(大分)が大黒柱の荒木を中心に攻守がかみ合い、8大会ぶり7度目の優勝を果たした。

箱根駅伝2020

箱根駅伝2020

青学大が10時間45分23秒の大会新記録で快勝。往路新記録が4校に復路新記録が1校。総合新記録も2校あり、記録ずくめの超高速駅伝となった。

第99回全国高校ラグビーフットボール大会

第99回全国高校ラグビーフットボール大会

桐蔭学園(神奈川)が御所実(奈良)を逆転し、7度目の決勝で単独の頂点に立った。

ニューイヤー駅伝2020

ニューイヤー駅伝2020

旭化成・鎧坂が逃げ切って4連覇を達成。ノーベル賞受賞の特別フェロー吉野彰氏も祝福に駆けつけた。

アーカイブズ2019年

クラブW杯2019

クラブW杯2019

欧州代表のリバプールが、南米代表のフラメンゴを延長戦の末、1-0で下し初優勝した。

第50回明治神宮大会

第50回明治神宮大会

高校の部は中京大中京(愛知)が初優勝。大学の部は慶大(東京6大学)が関大(関西5連盟第1代表)に快勝し19年ぶり4度目の優勝を果たした。

2019プレミア12

2019プレミア12

日本が初優勝を飾り、09年WBC以来10年ぶりとなる世界一となった。

2019年秋季高校野球

2019年秋季高校野球

東京大会決勝は古豪帝京が国士舘に敗退。10年ぶりセンバツ当確とはならなかった。

社会人野球日本選手権2019

社会人野球日本選手権2019

楽天ドラ1小深田の内野安打を足がかりに大阪ガスが4-1で日本生命を破り初優勝した。

ドラフト会議2019

ドラフト会議2019

大船渡・佐々木朗希投手は西武、ロッテ、日本ハム、楽天の4球団が競合し、抽選でロッテが交渉権を獲得した。

クライマックスシリーズ

クライマックスシリーズ

4勝1敗で阪神を退けた巨人と、2年連続「下克上」を目指すソフトバンクが日本シリーズに進出。

U18ワールドカップ

U18ワールドカップ

高校日本代表はスーパーラウンド2勝3敗の5位に終わり悲願の初優勝はならなかった。

第101回全国高校野球選手権

第101回全国高校野球選手権

履正社(大阪)が星稜(石川)を5-3で破り、春夏通じて初の甲子園優勝を果たした。

夏の地方大会2019

夏の地方大会2019

国内高校生史上最速の163キロをマークした大船渡・佐々木朗希投手は岩手大会決勝で敗れ、甲子園出場を逃した。

都市対抗野球2019

都市対抗野球2019

元DeNA須田が全5戦で好救援。JFE東日本(千葉市)がトヨタ自動車(豊田市)を下し、初優勝を飾った。

日米大学野球2019

日米大学野球2019

明大・森下が3試合に登板。日本代表が米国代表に3勝2敗で勝ち越し、3大会ぶりの優勝を果たした。

第91回選抜高等学校野球大会

第91回選抜高等学校野球大会

東邦が習志野を破り、30年ぶり5度目の優勝。平成の最初と最後の大会制覇を果たした。

2019年春季高校野球

2019年春季高校野球

今秋のドラフト1位候補、星稜(石川)の奥川恭伸投手が決勝で完投し、北信越の頂点に立った。

大学野球選手権2019

大学野球選手権2019

明大が、ドラフト候補のエース森下暢仁投手(4年=大分商)の力投で38年ぶり6度目の日本一に輝いた。

東アジアE-1選手権2019

東アジアE-1選手権2019

引き分け以上で優勝だった森保ジャパンは韓国に0-1で敗れ、6年ぶりの優勝とはならなかった。

南米選手権2019

南米選手権2019

1次リーグ第3戦は18歳久保建英が先発。次々と得点機を演出し本気の南米勢相手にも十分通用する力を証明した。

女子W杯2019

女子W杯2019

「なでしこジャパン」は決勝トーナメント1回戦でオランダと対戦し1-2で敗戦。3大会連続のベスト8進出を逃した。

アジアカップ2019

アジアカップ2019

日本はカタールに1-3で敗れ、2大会ぶり5度目のアジア杯優勝を逃した。

第97回全国高校サッカー選手権

第97回全国高校サッカー選手権

青森山田(青森)が流通経大柏(千葉)を破り、2年ぶり2度目の優勝を決めた。

高校駅伝2019

高校駅伝2019

男子は仙台育英(宮城)が連覇を狙った倉敷(岡山)をトラック勝負で振り切り、女子とともにアベックVとなった。

実業団女子駅伝2019

実業団女子駅伝2019

東京五輪マラソン代表、鈴木亜由子擁する日本郵政グループが3年ぶり2度目の優勝を決めた。

世界陸上2019

世界陸上2019

男子50キロ競歩の鈴木雄介と20キロ競歩山西利和が金メダルを獲得。東京五輪の代表に内定した。

バスケットボールワールドカップ

バスケットボールワールドカップ

13年ぶりに出場した日本は八村、渡辺を中心に臨んだが5戦全敗、32チーム中31位に終わった。

ラグビーワールドカップ日本2019

ラグビーワールドカップ日本2019

ONE TEAMを旗印に日本が1次リーグを首位突破、初の決勝トーナメント進出を決め、列島をラグビー一色に染め上げた。

第98回全国高校ラグビーフットボール大会

第98回全国高校ラグビーフットボール大会

大阪桐蔭(大阪第1)が桐蔭学園(神奈川)と大接戦の末に、平成最後の大会で悲願の初優勝を飾った。

春高バレー2019

春高バレー2019

男子は洛南(京都)が14年ぶりV、女子は金蘭会(大阪)2連覇を果たした。

箱根駅伝2019

箱根駅伝2019

東海大が出場46回目にして悲願の初優勝。青学大は往路6位から逆転を狙ったが5連覇はならなかった。

ニューイヤー駅伝2019

ニューイヤー駅伝2019

旭化成が4時間51分27秒で3年連続24度目の優勝を果たした。

第8回大相撲総選挙

第8回大相撲総選挙

第8回大相撲総選挙は、妙義龍が1位を獲得。3位栃煌山、4位徳勝龍ら「稀勢の里世代」が存在感を放つ結果となった。

アーカイブズ2018年

アーカイブズ2017年

アーカイブズ2016年

アーカイブズ2015年

アーカイブズ2014年

アーカイブズ2013年

アーカイブズ2012年

アーカイブズ2011年

アーカイブズ2010年

アーカイブズ2009年



右カラム